ピッキング作業の仕事内容と求められる要素とは?

ピッキング作業の仕事内容と求められる要素とは? post thumbnail image

ピッキング作業とは一体どのような作業なのか?

倉庫や工場での軽作業の仕事を探したことがある人ならピッキング作業の募集を見かけたことがあるかもしれません。ピッキング作業とは簡単にいえば、棚から指定された商品を探してくる作業のことを指します。例えば倉庫内でのピッキングの場合、商品を保管されている広大な倉庫内を歩き回りながら商品を探してきます。商品の情報については、注文書あるいは専用端末で把握します。このように受注があるごとに品物を集めてくるタイプのピッキングはシングルピッキングと呼ばれていますが、種類ごとに必要な数の商品を集めてくるトータルピッキングという手法をとっているところもあります。

正確に作業できることはかなり重要

ピッキング作業をする上で特に難しい知識は要りません。ただ、単純作業の繰り返しなので、コツコツと同じ作業を重ねられる人が向いています。そこではそれなりのスピードと正確さも求められます。特に正確さについては 注文書と商品が違っていると大問題になるので、何度も確認ながらミスをしない人材が重宝されます。

それなりの体力は必要

ピッキング作業は基本的に立ち仕事です。特にシングルピッキングの場合、倉庫内を歩きながらの作業となるので、ある程度は体力に自信がある人が向いています。集めてくる商品については、衣類関係の荷物は軽いですが、家電製品などやや重ための商品を扱っている現場もあります。ですから、自身の体力を考慮しながら現場選びをすることも必要です。

最低限のコミュニケーション力は必要

ピッキング作業をする上で人とのコミュニケーションをとる場面が少ないです。とはいえ、現場によっては梱包スタッフや仕分けスタッフと協力し合いながら作業を進める場面もあるため、最低限のコミュニケーション力とマナーは求められます。

綜合キャリアオプションでは、映像などのクリエイティブ系からIT技術、講師などの教育関係まで、あらゆる職種を紹介しています。