工場の仕事と待遇とは?仕事の教わり方や社会保険について

工場の仕事と待遇とは?仕事の教わり方や社会保険について post thumbnail image

寮がある工場はとりあえず好印象

工場の仕事は多岐に渡りますが、新卒や上京などで新しく仕事に就く場合、安心して働ける職場と言えるでしょう。なにより大人数をシステマチックに運用している工場が多く、人の扱いに慣れています。期間工や短期派遣を使っている場所もあるので、行ってすぐ教わって働ける環境が整っているのです。そのため、工場に就職した人は簡単な作業から覚えていって次第に難しい作業を覚える、という安定の成長ができるのです。

上京組なら、寮がある工場はとくにありがたい存在でしょう。収入を得ることができ、支出をおさえられます。寮の存在はその土地に住んでいる人だったとしてもありがたいもので、寮があるかないかで工場がどれだけ社員の福利厚生に力を入れているかが分かります。ただし、寮にまで入ってしまうと何かあった時もなかなか辞めにくいというデメリットはあるかもしれません。

雇用保険の条件をチェックせよ

雇う側として、週20時間を越える労働を契約書で約束してある場合、雇用保険に加入しなければなりません。しかしここがあいまいになりがちなところで、契約書上は週20時間未満にしておき、実際は週20時間を越えるシフトを入れて上手く労働者を使おうとする経営者もいるのです。雇用保険の扱いが、その会社が社員やアルバイトをどう思っているかを判断するのに使える要素と言えるでしょう。

求人を探す時はネットで探すのも良いですが、地域にフォーカスした冊子や、新聞広告などを利用した方がピンポイントで探せます。ネットの求人は派遣形式に回されることが多く、ここを受けたいと思ってもまずは派遣会社に登録、という流れになりがちです。まずは紙媒体で探し、その後ネットがいいかもしれません。

福岡の工場の求人は自動車関連の向上が人気です。大手と提携されている工場が多いため休日出勤や残業など仕事量が豊富なのです。