プラントの施工管理とは?仕事内容とメリットデメリット

プラントの施工管理とは?仕事内容とメリットデメリット post thumbnail image

プラントの施工管理の仕事内容

プラントの施工管理とは、製造に係る生産設備や工場の建設全体を見守り、必要な調整を行って、納期と予算を守って完遂できるよう管理する仕事です。施工管理自体は住宅やビル建設などでも行われますが、社会インフラを支える生産設備や危険物を扱う工場などの建設に携わるので、よりシビアな基準でみることが必要です。

具体的な仕事は、作業工程やスケジュールを管理することが含まれます。事故が起こらないようリスクが高い仕事のルール作りをしたり、リスク管理ができる有資格者を配置したり、納期遅れが発生しないようにスケジュール調整をしたり人員の配置換えを行うことも施工管理の仕事です。また、プラントを作るための資材や機器類の原価管理、完成したプラントの品質チェックやその後のメンテナンスの仕事もあります。

プラントの施工管理の仕事のメリットデメリット

プラントの施工管理の仕事のメリットは、安定した仕事の需要があり、景気に左右されにくいことです。また、社会的に重要なインフラを支える仕事なので、一般的な施工管理の仕事よりも高収入が得られるとされています。自分の行った仕事が、多くの人や経済を支えることになるため、充実感も味わえます。一方、デメリットは、仕事自体が激務で残業が多いことです。何も問題がなければカレンダー通りに休むことができますが、トラブルが発生すると休日出勤になったり、泊まり込みで問題を解決しなければならないこともあります。仕事上の立場は中間管理職に近いもので、発注者と現場との間に立ってストレスを抱えることもあるようです。

プラントの施工管理は、専門エンジニアと一緒に設計や製造を行い、製造された製品が品質を保持しているか検査をし、試運転で機械の稼働をチェックします。完了後はメンテナンスや日々の保守、管理の仕事があります。